2008年07月25日

お仕事・新連載はじまりました

トランジスタ背景

ストーリー漫画の新連載「トランジスタティーセット〜電気街路図〜」がはじまりましたー。
ご興味のおありの方は、是非ともまんがタイムきららフォワード9月号をお買い求めくださいませ。

あ、あと、とらのあな様でご購入になると、小生の描いたペーパーがつくらしいですぜ。


…しかし、自分の描いた原稿を雑誌で見ると、色々と目につく所が出てきちゃいますねえ。
魂削って作画したのはいいが、他の漫画と比べると、なんだかもうごちゃごちゃしちゃって、やる気が空回りしている感も否めませんなあ。
見返すにつけ、反省はつきません。
…ま、人はそうやって成長していくもんなんですかねえ…しみじみ。

ま、小生にとっては初めてのストーリー連載。読者様方も、色々とお気づきの点、ここを直せばもっとよくなるぞー…的なご意見もおありかと思います。
もし、それをこいつに教えてやってもいいかなーというお方がいらっしゃいましたら、是非是非BBSなり、メールなりで教えてくださいませ。
…教えて頂けると嬉しいです。

あと、電子工作、オーディオ等、電気街にまつわる世界に浸かっておられる方。こんなセリフ、設定があったらオレは燃えるぞっ…というようなものがおありでしたら、こちらも是非ご意見くださいませ。

どうか皆様っ。これからも、小生ともどもこの作品を、ひとつヨロシクお願いします。
posted by 里好 at 18:50 | TrackBack(0) | お仕事・お知らせ

2008年06月28日

仕事・すいません間違いでした

トランジスタ2

友人から指摘をうけて気がついたのですが、

前の書き込みで誤解されやすい言葉…
というか、誤解するしかない言葉がありました。

「もう誌面に載ってましたね」という所です。

これは連載開始の発表が…という主語で、
漫画が…という主語ではないんです。

でも、その言葉の後の文章を見ると、
どう読んでも、漫画がすでに雑誌に載っているような感じがします。

すいません。まだ雑誌には載ってないです。
漫画の掲載は7月24日発売のフォワード9月号からです。

私の友人と同じように、
「何だよ、雑誌読んだのに載ってなかったぞ」という方がもしいらっしゃいましたら、
本当に申し訳ないです。すいませんでした。
posted by 里好 at 13:50 | TrackBack(0) | お仕事・お知らせ

2008年06月26日

お仕事・新連載です

トランジスタ

もう誌面に載ってましたね。

…遅ればせながら、この度「まんがタイムきららフォワード」にて、
やっとこさストーリー漫画の連載をもつことができました。
それもこれも応援してくださった皆様のおかげであります。
ありがとうございます。

タイトルは「トランジスタティーセット〜電気街路図〜」
秋葉原を舞台にしたギャグマンガであります。

秋葉原…。
ちょいと時期的にイロイロあるテーマなので、
この作品に関して前もって弁明しておこうかな…と。

小生、もともと住んでいる場所が秋葉原に自転車で行ける所にあり、
子供の頃から、しょっちゅう秋葉原に出かけては電化製品を物色していました。
(今では同人誌やらDVDやらを物色する大人になっていますが…。)
そんな小生にとって、秋葉原という場所には2つのイメージがありまして、
一つはオタクとサブカルチャーの街としてのアキバ。
もう一つは、昭和の闇市を髣髴とさせる商店群に、
エレクトロニクスとそのエキスパートが集まる、電気街としての秋葉原。

でも最近、秋葉原を扱うメディア…特にTVのワイドショーなんかは、
オタクの街としての秋葉原をかなり痛い扱いでいじり回し、
…いや、それ所か自分達で脚色して、かなり偏ったイメージをばら撒く始末。

なので、この辺で、オタクの側から、
もう一つの秋葉原のイメージをフューチャーするものを、
細々と出していけたらなー…と思うにいたりまして…
まあ、それがこの漫画の出発点です。

簡単に言ってしまうと、
昭和を感じさせるカッチョイイ電子部品屋街や、
そこに集まるカッチョイイ人たちを描きたいってこってす。
無論、オタクとしてオタク文化は否定せずに、ネタとしても使いつつ。

とまあ、こういった動機で描き始めたこの漫画なのでありますが、
かなり長い期間かけて取材とネーム作業をし、
ようやく作画に入るあたりで、半分ヤラセのケツ出し女騒動が勃発。
さらに原稿が完成した直後に、例のやるせない連続殺傷事件…。
第一話の舞台でもあるホコ天の中止。

連載前から足元が見えなくなっちゃいました…。

また、事件後にこんな漫画を出すのっていいのだろうか…とも思います。

でも、ひと月経って出せなきゃ、多分永遠にお蔵入りになってしまいそうなので、
今回、連載させていただくことにしました。

自分なりに魂削って書き込みをした漫画でありますので、
暖かな目でおつきあい頂ければ幸いであります。


詳しい作品紹介は、連載開始に合わせて、ここに書き込む予定です。


うーん…この漫画…これからどうやっていこう…。
posted by 里好 at 16:24 | TrackBack(0) | お仕事・お知らせ

2007年12月25日

リズフィギュア

リズフィギュア1リズフィギュア2

去年からミクシーに経過報告を書きつつ、こせこせ作っていたリズフィギュアですが、まだプロトタイプながら、何とかかんとか完成しました。

これを単行本の販促に活用できないかと担当様に持ちかけたところ、なんと「とらのあな」様が動いてくれました。
私の如き初心者が作ったこのフィギュアを、店頭にかざってくれるとのこと。
しかも3体も!!
・・・いいんでしょうか…。
かざってくれる店舗様は、今のところはまだ予定ですが、秋葉原店、なんば店、名古屋店です。
興味のおありの方は、ぜひ見に行ってみてくださいまし。
秋葉原店(2Fの4コマコーナー)においては、もうかざっていただけているようで、さっそく自分も見に行ってきます。

しかも2巻の発売に際しては、ペーパーも配布してくださるとか・・・。

いいお店だあ・・・。
皆様こぞって利用しましょう。


>>とらのあなWebSite
posted by 里好 at 13:22 | TrackBack(0) | お仕事・お知らせ

2007年12月22日

うぃずりず二巻発売します

うぃずりず」2巻が芳文社KRコミックスから発売されます。
遅ればせながら、表紙画像をアップロードしておきます。
withliz2.jpg
1巻の表紙が「何か本屋のレジに出しにくい」とのご評価をいただいたので、今回はよりレジに出しにくい表紙を目指して描いてみました。今更ながら自分のアホさ加減がちょっと恥ずかしいです。

恥ずかしいと言えば、この表紙の上につく帯のアオリ文字。
「金髪碧眼ブルマっ子が描き出す、いまここにある日常−。」
ブルマっ子ですってよ、奥さん! ブルマっ子!
ちなみに考えたのは私じゃござんせんわよ!
多分芳文社のブルマっ子の人が考えたんだと思います。
ステキです。…私は大好きです。

あと、低解像度ながら、裏表紙も載せておきます。
メインの登場キャラクターはこの4人です。
urahyou.jpg
残念ながらここではブルマっ子じゃないですねえ。

ちなみに、今回単行本で使用したカラー画像は、全てコミックスタジオ4.0で描きました。
カラー機能はあまり充実していないのですが、1ビットレイヤーと8ビットレイヤーをメインに使用することで、A4サイズ600dpiの表紙画像でも10メガを切りました。軽い・・・。
しかし、4.0はまだまだ出たばかりでバグが多く、カラーレイヤーを使用していると画像が不可逆劣化する致命的な欠陥が・・・。
これはパッチで直るのかしら・・・。

ともあれ、うぃずりず2巻、よろしくお願いします。
発売は12月26日です。コミケの帰りにでも…!!

ペーパーの情報や、詳しいキャラクター説明なんかは、
近いうちに別ページを作って紹介したいと思います。

それではー。
posted by 里好 at 17:46 | TrackBack(1) | お仕事・お知らせ